2017年05月12日

効果的な飲み方が知りたい。妊娠中だけど・・


ダイエット茶や美容や健康のためのお茶として
話題の青の花茶は、原料の段階から安全性を確認し
製造されているため、ご家族で安心して飲めるお茶ですが、

バタフライピーには子宮を収縮させる成分があるため
妊娠中の方はお控えくださいね。

効果的な飲み方としては、
食前食後関係なくいつでも大丈夫なのですが、
大切なのは毎日続けるということです。

青の花茶はタンニンを控えめにした独自処方なので
タンブラーやボトルにデイーバッグを入れたままにしても
苦くならならず水分補給の水代わりにもち運び習慣化できます。

また、青の花茶の青い色素はレモンやライムなどの柑橘類のクエン酸に反応して
オリエンタルブルーから、一瞬でパープルブルーに変わるので、
色の変化を生かしながら様々なアレンジができます。

たとえば、夏はアイスでさっぱりと
オレンジジュースや生のオレンジを絞ると鮮やかな色も楽しくおススメです。

ほかにも、鮮やかな色を利用してゼリーを作ってみたり、
アイスクリームにしてみたりと天然素材の青い色は様々なレシピでも活躍しそうです。

青の花茶はノンカフェイン ノンカロリーで鎮静効果もあるので
夜寝る前に気持ちを落ち着かせたいときなどに飲むと睡眠効果も期待できます。

様々なシチュエーションで青の花茶を取り入れて、無理のダイエットを始めてくださいね。

➡【青の花茶」の飲み方はこちらでもご覧になれます。





posted by 青の花茶 at 15:14| 青の花茶についての情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする